OGAWA INFORMATION SYSTEMS CATALOGUE VOL.8
248/300

ステンレスヘア-ライン屋外SUS304 2B材をベースに、連続的に一方向に研磨仕上げしたものです。BOX文字・切文字等のコーポレートサイン、自立サイン、ポスターケースの外部サイン等、ステンレスサインで最も多く用いられています。ステンレス#600屋外SUS304をベースに、#600バフによって研磨し、光沢良く仕上げたもので、切文字、BOX文字に多く使われます。世の中に広く出まわっており、各用途に使用されます。間近で見ると薄く研磨目が見えます。ステンレス#800(鏡面)屋外SUS304をベースに、高度な反射率を持つよう鏡面に研磨仕上げしたもので、高級感を演出できます。高反射率を持つため、加工は慎重を要しますが、できあがったものは、非常に美しく鏡のようです。ステンレスパーマネント(バイブレーション)屋外SUS304をベースに、不規則な連続回転による研磨を施したもので、こだわりのあるサインに採用されるケースが多くみられます。ステンレスが温かみを持った表情になります。ステンレスビーズブラスト屋外SUS304 #800をベースに、ビーズを混合した圧縮空気を叩きつけてすりガラス状に仕上げたものです。鏡面材を使用することによって光沢がある部分が残るため、角度によってきらきらと光って見えます。公共施設の案内表示やコンセプトのある建築物への採用が多くみられます。カラーステンレスヘア-ラインブラック屋外SUS304ヘア-ラインをベースに、電解発色を施したものです。表面に酸化被膜を形成させることによって発生する光の干渉現象からさまざまな色調を得ることができます。この原理を利用して、ブラックを表現しています。建築物の意匠性を生かすために使用されるケースが多くみられます。246001SH002SB003SM004SB005SB006SH素材見本・ステンレス(SUS304)

元のページ  ../index.html#248

このブックを見る