OGAWA INFORMATION SYSTEMS CATALOGUE VOL.8
257/300

堅く、木目が美しく、磨けば光沢を生じ、狂いが少ないため、建築用装飾材、器具材として珍重され木目を生かした作品が多いようです。古くから、老舗、寺院等の境内や参道に植えられたと言う経緯もあります。サインとしては、大きな彫刻看板に好んで使用されます。カナダ産の杉の大木で、緻密で柔らかい木質です。加工及び塗光が容易で、特に腐蝕しにくいため屋外大型サイン・標識等に用いられています。木目がはっきりしていて、肌目は粗いが美しく、面白い杢をあらわすものもあります。切削・加工は容易ですが、狂いやすいので、充分な乾燥がポイントです。ケヤキと似ているので、その代用として、家具、器具に使用するケースが多いようです。やや軽軟で狂いが少なく加工しやすいのが特徴です。器具・家具・建築造作材・機械・漆器木地・楽器・下駄・彫刻・寄木等広い用途があります。木目は通直で節も少なく、板目(樹の横断面)から見ると、やさしい肌目です。サインにおいては、今も多く使用されています。加工が容易で、その美しい木目は家具材として非常に多く用いられています。サインでは室名札・突出しサインに用い、福祉関係の施設に多く使用されています。日本を代表する花木、国花とされています。加工がしやすく、ゆがみが少ない為、家具・床柱・敷居に使われ、樹皮は薬草として用いられる等、日本人の生活になじみの深い材で、表札として高い人気があります。耐朽性および加工性とも優れており、柾目の紋様が非常に美しいのが特徴です。家具類は勿論の事、運道具では木刀、工業用では洋酒樽・滑車・床板と幅広く用いられています。ただ、近年は、幅の広い材が入手困難となっています。南洋材としては珍しい針葉樹で、木目は真直で軟らかいため、建築造作材、たとえば窓枠・ドア枠等のペンキ塗り下地材として使われています。板の色合いが、場所により大きく異なるため、サインとして使用する場合は注意が必要です。古来より高貴の建材として珍重され、能などの格式ある舞台はすべて檜で造られているほどです。サインの素材としてはこれまであまり用いられてきませんでしたが、表札に使用する場合は、木曽産の柾目は極上品として珍重されています。OGAWA TOTAL INFORMATION SYSTEMS100WXケヤキ106WX米杉(ウエスタンレッドシーダー)111WX栓(セン)屋外屋外屋内102WX桂(カツラ)108WXタモ112WX桜屋外屋外屋外105WXナラ109WXアガチス113WX檜(ヒノキ)屋外屋外屋外255写真は商品の一部をトリミングしたものです。印刷物のため、実物とは多少異なっている場合があります。天然木のため、色合い・木目模様にバラツキがあります。カタログ写真やサンプルと納入商品は、まったく同じにはなりませんのでご了承願います。素材見本・ウッド(天然木)天然木は、さまざまな種類や大きさがあり、特徴もさまざまです。ここにあげた天然木は、表札やサインとして使用していただく用途と日本国内に流通している比較的手に入りやすい素材を掲載しています。

元のページ  ../index.html#257

このブックを見る