OGAWA INFORMATION SYSTEMS CATALOGUE VOL.8
264/300

701MX案内所702MX案内706MXお手洗707MX男子711MX飲料水712MX喫煙所716MX717MXホテル/宿泊施設きっぷうりば/精算所722MX銀行・両替723MXキャッシュサービス726MXファックス727MXカート847MX826MXベビーカーベビーケアルーム703MX病院708MX女子障害がある人が使える設備713MX718MX手荷物一時預かり所724MX郵便728MXエレベーター732MXクローク(備考)火災予防条例で左記の図記号の使用が規定されている場所には、左記の図記号を使用する必要がある。704MX救護所846MX救護所709MX710MXスロープ714MXチェックイン/受付719MX720MXコインロッカー休憩所/待合室851MX852MX無線LAN充電コーナー729MX730MXエスカレーター階段733MX更衣室734MX更衣室(女子)705MX警察オストメイト用設備/839MXオストメイト715MX忘れ物取扱所721MXミーティングポイント725MX電話731MX乳幼児用設備735MXシャワー262ピクトグラムに付いている番号は、オガワの整理ナンバーです。印刷物のため、実物とは多少異なっている場合があります。ピクトグラム〈標準案内用図記号ほか〉標準案内用図記号とは、交通施設、観光施設、スポーツ施設、商業施設等の国内諸施設に使用される案内用図記号の標準となるものを示すことを目的とし、公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団が設置した「一般案内用図記号検討委員会」における検討を経て、2001年3月、125項目を「標準案内用図記号」として決定したものです。その後、日本標準調査会標準部会基本技術専門委員会において、125項目のうち110項目が2002年3月20日、JIS Z 8210として制定されました。ここでは、標準案内用図記号およびJIS Z 8210から抜粋したものを掲載しています。(出典:交通エコロジー・モビリティ財団、JIS Z 8210:2017)

元のページ  ../index.html#264

このブックを見る