OGAWA INFORMATION SYSTEMS CATALOGUE VOL.8
277/300

サインを効果的に設置してご利用いただくためには、以下のようなサインの要素について理解し、サイン計画にこれらの要素を反映させることが重要となります。①簡潔であること②正確であること③不足がないこと④一貫していること⑤系統立てられていること個々のサインがそれぞれ決められた役割を果たしており、また全体で見たときにもサインの役割が系統立てられ、まとまっていること⑥優先順位がわかること⑦ユニバーサルであることあらゆる利用者に配慮した設計・デザインであること見やすい・読みやすい情報簡潔で直感的な情報一貫性を持った情報利用者と、施設などのサイン設置空間の提供者とのコミュニケーションを円滑に進め、サービス性や安全性の向上に貢献すること利用者や物の流れに適応した場所安全性や信頼性が高い製品見た目にも配慮した設計環境に適応したデザインわかりやすく、シンプルな情報を提供すること情報を、正確に利用者に伝達すること必要な情報を、必要な場所に必要な分、利用者に提供すること情報の表現方法や内容を統一させて提供すること。サイン以外の手段で利用者に提供されている情報とも一貫性を持つこと提供する情報の重要性によって定められた優先順位が、サインで表現できていることさまざまな利用者に配慮した設計常に新しい情報を提供外国人に配慮した設計身体的特性に配慮した設計275利用者が求める情報をわかりやすく、適切に提供し、人々の行動・活動をサポートすること利用者のニーズに沿った情報伝達の手段・形を採用し、より良い社会環境の構築に貢献することわかりやすい情報の提供サイン設置環境の向上利用者のニーズに対応サイン表示の主な要素利用者の行動や流れを大きく左右するサインの表現や表示については、以下のような要素があります。これらの要素を考慮したサインを提供することが大切です。サイン計画の主な要素

元のページ  ../index.html#277

このブックを見る