OGAWA INFORMATION SYSTEMS CATALOGUE VOL.7
282/300

金属、ガラス、樹脂等さまざまな素材に印刷できます。印刷版を作成し、スクリーン印刷専用インクを使用し、印刷する方法です。精度・仕上りは原稿に非常に近く、特に塗り潰し面が美しく罫線もシャープにでます。もっともポピュラーな表現方法ですが、多色使用のものや1品種の場合はコストが割高につくケースがあります。近年はUVインク(紫外線照射による硬化)の発達により、使用範囲が広がり、改めて加工技術が見直される現象もでてきています。ステンレス、真鍮、銅などの金属表面を薬品によって腐蝕させ、凸凹面を作ります。精度が非常に高く、細部表現を求められる時に効果をもたらします。現在この技術は日常的に使用されており、エレベーターの内装パネルやプリント基板等に活躍しております。サインに使用する場合は文字もしくはベースを凹に加工し、焼付塗料を色入れします。ガラスエッチングの工法は、ケミカルエッチングとブラストエッチングに大別されますが、弊社ではブラストエッチングを採用しております。ガラスに独特の表情を持たせることが出来、彫り込みの深さによって陰影感や奥行きも表現できます。また、ブラスト後の特殊処理を施すことにより、汚れをつきにくくすることができるようになりました。デジタル写真を正確に製版することで細部まで再現されたエッチング銘鈑を製作できるようになりました。屋外における酸性雨の影響や紫外線の強さによる悪影響で、長期使用を目的とする史跡案内サインや誘導サインに採用実績が広がってきています。加工技術シルクスクリーン印刷エッチング(腐蝕)ガラスエッチングフォトエッチング280詳細は営業担当者にお問い合せください。印刷物のため、実物とは多少異なっている場合があります。コーポレートサインエクステリアサインインテリアサインオリジナル関連資料実績集索   引OGAWA TOTAL INFORMATION SYSTEMS

元のページ  ../index.html#282

このブックを見る