OGAWA INFORMATION SYSTEMS CATALOGUE VOL.7
296/300

メンテナンス方法製品のお手入れについて 当社の製品は、耐久性に考慮し、かつ美観を長く保てるように設計・製造されております。しかしながら、材料の経年変化に加えて、最近の大気汚染や酸性雨などの環境は製品の変色・錆・腐食などに大きく影響しています。当社の製品を長く美しい状態でご使用いただくため、正しい施工方法と定期的で適切なお手入れをお勧めいたします。製品別メンテナンスステンレス製品/アルミニウム製品基本事項1.シンナー等の有機溶剤や、強酸・強アルカリ性洗剤、塩ビフィルム剥離剤は表示や製品本体を傷めますので、使用しないでください。2.ナイロンたわしや硬い布等、製品に傷を付けるおそれのあるものは、使用しないでください。SUS304はオーステナイト系ステンレスの代表的な鋼種で、耐食性、靭性、延性、加工性、溶接性に優れ、幅広い用途で使用されています。金属サインではその仕上げとして、ヘアーライン、鏡面、ビーズブラスト、パーマネントヘアーライン、カラーステンレスなどがあり、通常は表面にトップコートを塗装せず使用されます。このほか、焼付塗装やカットフィルムを施したものもあります。アルミニウム製品は、基本的にアルマイト処理もしくは塗装などでコーティングしていますが、定期的なメンテナンスにより、美観を長く保っていただけます。■ヘアーライン・鏡面・パーマネント仕上げの場合(定期的な水洗いと乾拭き) 1.水洗い  製品に付着した、ホコリや汚れを洗い流します。ウエス等のやわらかい布に水を含ませ、傷を付けないように汚れを拭き取ります。汚れが目立つ場合は、中性洗剤を少量水に薄めて使用してください。スポンジによっては製品に傷を付ける場合がありますので、ご注意ください。 2.乾拭き  乾いたやわらかい布で、傷を付けないように水分を拭き取ります。雨上がりに行うと、酸性雨による腐食を防ぐことができます。 3.研磨剤  ひどい汚れの場合は、微粒研磨剤入りスポンジなどで汚れを拭き取ってください。ヘアーラインの場合はその目に沿って拭いてください。(但し、鏡面製品は傷付きますので、行わないでください)■カットフィルム・塗装仕上げの場合(定期的な水洗いと乾拭き) 1.水洗い  製品に付着した、ホコリや汚れを洗い流します。ウエス等のやわらかい布に水を含ませ、傷を付けないように汚れを拭き取ります。汚れが目立つ場合は、中性洗剤を少量水に薄めて使用してください。スポンジによっては製品に傷を付ける場合がありますので、ご注意ください。 2.乾拭き  乾いたやわらかい布で、傷を付けないように水分を拭き取ります。雨上がりに行うと、酸性雨による腐食を防ぐことができます。294詳細は営業担当者にお問い合せください。OGAWA TOTAL INFORMATION SYSTEMS

元のページ  ../index.html#296

このブックを見る